金利がほんの少し違うだけでも・・・

銀行を選ぶ時に、着眼点は色々なものがありますが、中でも低金利であることは非常に重要なウエイトを占めます。

 

低金利のカードローンであれば、それだけ返済額が少なくなるというメリットがあります。

 

金利がほんの少し違うだけでも、大口の融資や、長期の融資になればなるほど、利息に大きく影響を与えるものです。

 

返済額の差が数万円だとしても、お金に苦労している人たちにとっては、決して見逃すことのできないお金です。

 

画像1

金利で表示された時は小数点以下でも、利息として計算すると数万円になることもあります。

 

銀行が表示する金利の高い方と低いほうとでは、基本的には高いほうが参考になります。

 

大体の目安として、50万円以下の小口融資を利用するという時には、金利は最も高い金利が使われることが多いようです。

 

いかに低金利にするかは、最高の金利が最も低く設定されているのがどこの業者なのかということをチェックしておきましょう。

 

消費者金融会社の金利よりは、銀行系カードローン会社の金利のほうが低く設定されていることが多く、限度額も比較的高めです。

 

低金利のカードローン選びにおいては、金利と共にATMでの借り入れまたは返済の時の手数料についてもチェックしておきましょう。

低金利のカードローンの銀行を利用するときの注意点

カードローンを利用すれば、思いがけないトラブルなどで現金を用意せざるを得なくなっても対応可能です。

 

カードローンを提供している銀行は多くありますが、事前に審査に通ればあとはATMで操作するだけで簡単に現金を手にすることができます。

 

またクレジットカードを持っている人であれば、クレジットカードにカードローンがついていることもあり、事前の審査も不要で利用することができます。

 

カードローンを利用するときに多くの人が気になるのが金利です。

 

低金利で融資を受けることができれば、返済時に元金に上乗せする利息は少なくなりますので、その分お得です。

 

画像2

しかし、低金利という言葉だけで、カードローンを選んでいると、実は損をしてしまうことがあります。

 

毎月ちょっとしか返さない借り方をしていると、いくら低金利のカードローンでも、利息がふくらみます。

 

結局だらだらと返済が続くと、いつまでたっても完済しないという状況に陥ってしますことが多々あります。

 

月々の返済額が少ないということは、それだけ元金が減らないということです。

 

支払うのは利息分ばかりで、肝心の元金が減らずに返済期間だけが長くなってしまいます。

 

カードローンを低金利で借りることができればとてもお得ですが、返済プランの立て方次第で損になってしまうことがあります。

 

いくら低金利でも、借りたお金は利息を足して返済しなければならないので、上手にカードローンを利用することが大切です。

銀行のカードローンのメリットを比較検討する

より低い金利で融資が受けられることに加えて、色々な条件を比較することで、よりよいカードローンが選べます。

 

担保や、保証人がなくとも融資が受けられるカードローンは、個人の信用を審査で見極めた上で、銀行が融資を行います。

 

一般的には、正社員として働いており、月々の収入が安定した人でなければ、審査の段階で断られます。

 

カードローンは、学生や主婦の方でも借り入れができる人気のローンとなっており、利用者も増加しています。

 

多くの人がカードローンを使う背景には、申込みのしやすさなど、利便性が高いことがあります。

 

必要書類が少ないなど申込みが手軽にできて、審査の結果待ちの時間も短いことが、カードローンの利用者が多い理由です。

 

無担保、無保証人でも融資が可能なことも、カードローンの人気が高い理由であるといえるでしょう。

 

数多くの人達が、カードローンでお金を借りているという事実は、無担保でも借りられることに基づいています。

 

最近は、わざわざカードローン会社の窓口に行かずとも、コンビニATMから融資の手続きをとることができます。

 

コンビ二での手数料が無料の場合、返済のたびに支払わなくても良いので、随分と節約できることになります。

 

融資を受ける時に、金銭の使途に指定はありませんので、どんな使い方もできるフリーローンです。

 

自分がどういうお金の借り方をしたいかをよく考えた上で、銀行の貸付条件と比較して検討してください。

注目が集まる無利息のローン

ローンを組んだら、返済時には金利に基づく利息が加算されることは、一般的な常識です。

 

ローン会社は融資に利息をつけた金額を回収して、自社の利益にするという仕組みを構築しています。

 

ですが最近は、ローン融資を扱っている金融機関の中には、条件付きですが無利息での貸し付けを行っているところが少なくありません。

 

金融機関からお金を借りたいと思っている人からすれば、無利息ローンはとても嬉しい存在です。

 

ただし、無利息での融資には条件があります。毎回無利息で借りられるというわけにはいきません。

 

消費者金融やクレジットカード会社、銀行などがローンサービスを行っていますが、無利息のローンは拡大を見せています。

 

たくさんの人が無利息でのローンを組みたいと思って、申し込みを行っています。

 

ネットを介した手続きが使いやすくなっていることも、ローンを使う時には見逃せない点といえます。

 

最近では、パソコンからの手続きだけでなく、スマホやタブレット端末を利用してローンの手続きが手軽にできる時代になってきています。

 

ローン融資を検討する人の多くは、できるだけ低い金利で、お得な融資を受けたいと考えているものです。

 

ローン初体験という人にとっては、無利息で融資を受けられることは魅力的です。

 

ただし無利息になるには条件があるので、利用する際には事前にローン会社のサイトなどで確認しておくことが大切です。

無利息のローンを行っている消費者金融

低金利のローンを探している人は、無利息ローンを検討してみればいいのではないでしょうか?

 

ローンについては知っているけれど、無利息で借りられることは知らないという方もいます。

 

大手の消費者金融では、カードローンの利用が初めての場合は、一定期間は無利息で融資をしてくれるサービスがあります。

 

無利息でのローンは主流ではありませんが、近年では無利息でローンを利用できることを前面に押し出している金融会社も目にします。

 

無利息でローン融資を受けることができれば、お金を借りる側にとってはとても喜ばしいことですが、多くの場合、無利息で借りるには条件があります。

 

借り方によっては、半年以上もの間無利息融資が利用できるというところもありますので、金融会社ごとの条件をチェックして、自分にとってお得なところを探しましょう。

 

期日や金額などの条件を満たさなければ通常の利息がついてしまいます。

 

無利息期間を守って返済をませるのは大変です。多くの場合、無利息でローンを利用したいと希望しても、適用は最初の1回目だけです。

 

初めて申し込みをする消費者金融会社であれば、無利息のローンを利用するのが良いしょう。

 

無利息融資を行っているのは消費者金融会社ローンであることが多いですが、最近はネットバンクで無利息の融資をすることがあります。

 

無利息でローンを借りることができる金融機関は色々ありますので、ネットで情報収集をするなどして、自分に合うところを選択しましょう。

 

無利息ローンを借りる時には、無利息の条件を満たすことができなかった場合の金利についても調べておく必要があります。

無利息でお金を借りられるカードローン

金利をつけてお金を貸すのはローン会社の基本的な形になりますので、無利息での融資は難しいと考えられがちです。

 

ですが、カードローンによっては、無利息でお金を借りられることもあります。

 

カードローンは、消費者金融会社や、銀行系の融資の中でも一般的なものですが、規模の大きな消費者金融会社の中には無利息での貸し付けを行うところが増えています。

 

無利息での借り入れ可能期間は金融会社ごとに異なっており、30日程度の融資から、半年以上の融資が可能なところもあります。

 

これらの無利息期間内にカードローンで借り入れたお金を全て返済してしまえば、一切金利はかからないのでかなりお得なサービスです。

 

ですが、金融会社の多くは、初めてローンを利用する人に対してのみ無利息のローンが可能という条件にしているようです。

 

ローン融資をする時に無利息で金融会社は大丈夫なのかと気にする人もいますが、問題はありません。

 

消費者金融会社は、いかに新規の顧客を取り込むかに力を入れており、こういった無利息という魅力的なサービスを提供しているのです。

 

そのため、初回に無利息ローンを使ってしまうと、その後に無利息で融資を受けられることはほぼありません。

 

利用する側としては、無利息でのローンは初回のみという前提を踏まえて、どうしても融資を受けたいという時だけ使うことで、利息にお金を支払わずに済ませられるのです。

 

どうしても無利息でお金を借りたい場合には、異なる消費者金融会社のカードローンに申し込む必要があります。

 

無利息で融資を受けられることを選択肢に加えた上で、どの金融会社から融資を受けられるかを探すといいでしょう。

トップへ戻る